CGクリエーション演習

東邦大学理学部 情報科学科 非常勤講師 川島 基展
 トップページへhttp://www.thu.motonobukawashima.com/Motonobu_Kawashima_THU/Welcome.html
 
【授業概要】





【到達目標】




【履修上の注意】









【成績評価方法および基準】











【教科書・参考書】





【オフィスアワー】

・ショートアニメーションの制作やOJTを通じて、CG制作のテクニックおよびチーム連携の
 スキルを磨く。
・「メディア創作概論」「CGクリエーション」を履修済みもしくはそれに相当する知識・スキルを
 有する者を対象とする。


プロのCGクリエーターになるための制作スキル/コミュニケーションスキルを修得する。



・「メディア創作概論」「CGクリエーション」を履修し、いずれの単位も取得済みであることが
 履修条件の原則となります。この原則に該当せず、履修を強く望む方は、事前に相談のうえ
 履修の許可を得てください。
・毎週のグループワークおよび課題に取り組むために、授業時間外で週5時間以上の自習時間が
 必要になります。履修に際しては、他の授業やアルバイト、部活等につき考慮し、各自で
 時間管理をしておいてください。
決して楽ではありませんが、終了時にはスキル面、コミュニケーション面での大きな成長が
ありますし、そのためのしっかりした指導を行います。





作品だけでなく、制作のための企画書や設計書、授業に臨む態度、グループワークの取り組み、
プレゼンテーションなども評価の対象とします。

評価方法 	次の項目により、成績を評価する。
・企画書・プリプロダクションの完成度:20点
・グループワーク作品の完成度:40点
・グループワークへの貢献度:40点
総合点60点以上かつ,期限までに、企画書・設定書どおりに作品を提出することを単位認定の
最低要件とする。




独自に作成した教科書・教材を使用する。
参考書は、随時紹介する。





原則として授業終了後とする。事前にアポイントをとること。